収入<支出の原則

収入<支出の原則

カードローンについて少し書きましたが、出来れば収入の範囲内で毎月を生活できるに越したことはありません。
それには、念頭に「収入<支出」ということを置いておく必要があります。

 

なんだ、そんなこと当たり前でしょ、と思われるかもしれませんが、この当たり前のことが頭の中から失われてしまったとき、お金が原因で苦しむ結果になってしまいがちです。
逆に言うと、この当たり前のことを念頭においていれば、例え、カードローンを利用しても、問題なく完済、ハッピーな結果に繋げることができるのです。

 

カードローンは、便利ですが、便利なあまりついつい、「もう少し」と手を伸ばしたくなるものです。
もう少しが積み重なって、気づいたら、収入の範囲を大きく超えてしまったという人も多いことでしょう。
お金には、それほどの魔力といいますか、危険がはらんでいるのです。

 

カードローンを利用すると、周囲の人との金銭トラブルは避けることができます。
今まで築き上げてきた人間関係は、お金では決して買うことはできません。
だからこそ、プロからお金を借りることで、良い人間関係を保ち、ハッピーライフにしたいものです。
借りるにしても借りないにしても、「収入<支出」の原則、お忘れなく。